【東京渋谷/小学4年生~】“アート&テクノロジー”教育普及プログラムワークショップ

「社会」「身体」「メディアテクノロジー」 をテーマとした、メディア社会における創造性を学ぶ教育普及ワークショップシリーズ。小学校4年生以上を対象に、日本のメディアアートを牽引してきた山口情報芸術センター[YCAM]で開発された人々の視線を可視化し共有する「EyeWriter」という視線入力技術を使ったオリジナルワークショップのほか、フィリピンやインドネシアのコレクティブを講師に、プログラミングやハードウェアハッキングなどを体験するワークショップを開催します。
【主催】国際交流基金アジアセンター、 アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)
【企画・開発】山口情報芸術センター[YCAM]、WSK: Festival of the Recently Possible(フィリピン)、Lifepatch – citizen initiative in art, science and technology(インドネシア)

開催日時ワークショップ#1「Eye2Eye」2018年2月10日(土)①10時30分~、②14時00分~ ワークショップ#2「コトバ身体」2018年2月12日(月・振休)①10時30分~、②14時00分~ ワークショップ#3「“元気グルーブ”-身近なものからレコードプレーヤーを作ろう!」2018年2月17日(土)①10時30分~、②14時00分~ ワークショップ#4「“グリッチテープ”―音と映像をつくり出すシンセサイザーを作ろう!」2018年2月18日(土)①13時00分~16時00分~
会場渋谷文化総合センター大和田
対象小学生,中学生,高校生
申込必要
申込締切定員になり次第終了
申込詳細以下のサイトから申込みください。http://jfac.jp/culture/events/e-art-and-technology-education-2018/
お問い合せcontact★meca.tokyo(★を@へ変更)
URLhttp://jfac.jp/culture/events/e-art-and-technology-education-2018/