北海道でトヨタ・子どもとアーティストの出会い再スタート

北海道は苫小牧市において今週からトヨタ子どもとアーティストの一環として「北海道アーティスト・イン・スクール事業in苫小牧 〜たるまる学校〜」がスタートしました。

北海道でのトヨタ子ども事業は、2007年以来6年ぶり。
でも、事務局であるAISプランニングが、地道に活動を続けておりまして、今回は、苫小牧市で活動しているNPO法人樽前Arty+の皆さんと連携し開催することになりました。

今後、AISプランニングが綴るブログで日々の活動をレポートして行きます。
http://inschool.exblog.jp/
ぜひみなさんご覧ください。

以下開催概要となります。

事業名
トヨタ・子どもとアーティストの出会いin苫小牧
北海道アーティスト・イン・スクール事業 たるまる学校〜苫小牧再発見!  

開催場所
苫小牧市立樽前小学校、苫小牧市立美園小学校、苫小牧市立豊川小学校、苫小牧市立拓進小学校の4校

実施期間
2014年11月18日〜12月5日
   
アーティスト
藤沢レオ(金工家・彫刻家)
金工家・彫刻家鉄を中心に金属、木、繊維などを素材に工芸・環境造形・彫刻・現代美術と多分野の作品を発表。札幌芸術の森美術館、苫小牧市美術博物館など道内外、海外での個展、グループ展に出展。日常の中の生命や幸福感について様々なアプローチで制作を続ける。
http://leofujisawa.com/

活動内容
未来の街!?巨大オブジェ制作に挑戦!
アーティストの藤沢レオさんが、約二週間、苫小牧市立樽前小学校を拠点に、苫小牧市内の小学生と、地域に潜む素材を発掘しながらものづくりを展開します。
期間中は、樽前小学校だけではなく、周辺の3校の小学校へも訪問し、個別のワークショップを通じて多くの子どもたちと関わりながらコミュニケーションを図って行きます。
そうした過程を経て、「未来の街」をテーマとした巨大なオブジェの制作に挑戦します!
そして、最終的に制作された作品は、小学校を飛び出し、苫小牧市の文化施設に展示され、市域住民の方々にお披露目することを目指します。
この活動を通じて、子どもたちや地元住民の方々が地域の魅力を再発見、再認識し、地元に愛着を持ち、郷土の文化を大切にする気持ちを育む機会を提供したいと考えております。

主催:一般社団法人AISプランニング、NPO法人樽前artyプラス
協賛:トヨタ自動車株式会社、株式会社トヨタ自動車北海道
助成:公益財団法人福武財団
後援:苫小牧教育委員会(予定)、苫小牧市美術博物館(予定)