川口 隆夫 かわぐちたかお

パフォーマンス
1962年佐賀県生まれ。パフォーマー、アーティスト集団「ダムタイプ」メンバー。大学時代にスペイン語劇サークルで活動し、その後パントマイムを基礎としたムーブメントシアターのテクニック「ミーム」を学ぶ。実験演劇からダンス、パフォーマンス・アートまで数々のプロジェクトに参加。88年6月、初の自主公演として、テネシー・ウィリアムズ原作『話してくれ、雨のように』の実験パフォーマンスを中野テルプシコールで公演。同年9月から1年間、スペイン政府給費留学奨学生としてバルセロナ自治大学に留学。帰国後、90年よりダンサーの吉福敦子らとダンスカンパニー「ATADANCE」を結成、95年に解散。96年からアーティスト集団「ダムタイプ」に参加し、『OR』『メモランダム』『ヴォヤージュ』に出演する。これらの作品はダムタイプのレパートリーとして現在も海外で公演されている。2000年以降は、ジャンルを超えたアーティスト、音楽家、パフォーマーらとのコラボレーションを積極的に行いながらソロ活動を展開し、『夜色』(2001年)、『ディケノヴェス』(2003年)、『D.D.D.』(2004年)、『テーブルマインド』(2006年)などを発表。『D.D.D』は、テクノロジーと身体をテーマに作品を発表しているホーメイ歌手の山川冬樹とのコラボレーション作品で、2005年9月にクロアチア共和国ザグレブ「クィーアザグレブ・フェスティバル」、2006年6月「ヴェネチア・ビエンナーレ」、2007年6月ソウル「MODAFE 2007」、2007年7月シンガポール「エスプラネード」公演など海外でも上演されている。

ワークショップの様子はこちら(映像や記録が見れます)