石川直樹 いしかわなおき

写真

http://www.straightree.com/

1977年東京生まれ。東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。2000年、Pole to Poleプロジェクトに参加して北極から南極を人力踏破、2001年、七大陸最高峰登頂を達成。人類学、民俗学などの領域に関心をもち、行為の経験としての移動、旅などをテーマに作品を発表し続けている。2006年、写真集/展覧会『THE VOID』により、さがみはら写真新人奨励賞、三木淳賞受賞。2008年、写真集『NEW DIMENSION』(赤々舎)、『POLAR』(リトルモア)により、日本写真協会新人賞、講談社出版文化賞を受賞。2009年、写真集『Mt.Fuji』(リトルモア)、『VERNACULAR』(赤々舎)を含む近年の活動によって東川賞新人作家賞を受賞した。著書に『いま生きているという冒険』(理論社)、開高健ノンフィクション賞を受賞した『最後の冒険家』(集英社)ほか多数。最新刊に写真集『ARCHIPELAGO』(集英社)、写真絵本『富士山にのぼる』(教育画劇)がある。

ワークショップの様子はこちら(映像や記録が見れます)