レインボー岡山 れいんぼー・おかやま

現代アート

1962年福岡県生まれ。通称:レインボーマン 日本名:岡山直之
普段は見えないが、きっかけさえあれば姿を見せてくれる「虹」から、世界にある全てのものはいつも見えている一つの姿だけではないのでは?という自分の周りに対する「興味」と、いつも虹色の光に包まれているという「幸せな気持ち」、そして何か良い事があるような「希望」をテーマに活動。

1998年 個展<フルーチェ>  (O-NE manokurozasu, 埼玉 飯能市)

2001年 「土の間昭和風」「枯山水青山流」<アート1日小学校>(ワタリウム美術館 東京都)

2002年 「レインボープラン1~5」<熊本国際美術展ATTITUDE2002>(熊本市現代美術館 熊本市)

2006年 「雲のじゅうたん」<アートピクニック>(福岡アジア美術館 福岡市)

2007年 「チェンジ!ミスターレインボー」<笑い展:現代アートにみる「おかしみ」の事情>(森美術館 東京都)

2008年 「クレマチスレインボーガーデン」(ヴァンジ彫刻庭園美術館 静岡)

2009年 「レインボー岡山」<PLATFORM 2009>(KIMUSA 韓国 ソウル)

ワークショップの様子はこちら(映像や記録が見れます)