伊藤キム いとう・きむ

コンテンポラリーダンス

PHOTO:山口遊

http://kimitoh.com/

振付家・ダンサー。1987年、舞踏家・古川あんずに師事。
90年ソロ活動を開始。95年ダンスカンパニー「伊藤キム+輝く未来」を結成。96年『生きたまま死んでいるヒトは死んだまま生きているのか?』でフランス・バニョレ国際振付賞
を受賞。01年『Close the door, open your mouth』および『激しい庭』で、第
一回朝日舞台芸術賞寺山修司賞を受賞。05年「愛地球博」の前夜祭パレードで総
合演出をつとめる。同年、白井剛氏とのデュオ『禁色』(原作・三島由紀夫)を
発表。また劇場作品だけでなく、パブリックスペースの階段を使った『階段主
義』や、学校や美術館などを使った作品も多い。作品では、根源的なテ~マとし
て「日常の中の非日常性」を、風刺と独特のユ~モアを交えて表現している。05
年から06年にかけ、バックパックを背負って半年間の世界一周の旅に出る。07年
春より「伊藤キム+輝く未来」から「輝く未来」にカンパニー名称を変え、新た
な形態で再始動した。08年横浜文化賞文化・芸術奨励賞受賞。
現在、京都造形芸術大学准教授。

ワークショップの様子はこちら(映像や記録が見れます)